少しだけ丁寧に 少しだけ贅沢に

お気に入りのものや大切なことをつづります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

ユルユルな夫のお小遣い



え〜まだ1月?体感的にはお正月明けてから、もう2ヶ月くらい経ったような忙しさでした。

そんな中でも皆さんのブログを読ませていただいて、色々感心させられる事も多いです。

お金には無頓着なわが家、たまにはお金の事もアップしてみようかな。

よくお小遣い制にするか夫婦別財布にするか、悩み中という記事を見ます。わが家は結婚が決まって私は仕事を辞めたので、最初から収入は夫のお給料のみ。だから最初からお小遣い制。
結婚前まで、ずっと実家暮らしだった私。
光熱費や家賃なんて支払った事もありません。まだ手取りが少なかった頃なので、やりくりが出来ず最初の一年は月2万円しかお小遣いを渡さず。お弁当などは手作りしていたとはいえ、今考えると厳しい嫁でした。

関東に転勤になってからはお弁当を持って行く事が出来ない環境になったので、お弁当代を含めて45,000円に。
私はテレビなどでお父さんのお小遣いは平均3万円って言ってるのを真に受けてたので、十分だと思っていました。
しかし、毎月足りなくなって、追加で要求され、その度にケンカ笑。
いつの間にか、夫が稼いだお金なのに、お小遣いをあげてる、お小遣いをもらっているという関係になってしまい、やりくり出来ない夫に腹をたてるばかりで、なぜ足りなくなるのか、夫の話をきちんと聞かなくなっていました。

何度か話し合い、一週間ずつ小分けに渡したり、月2回渡したりと色々試してみましたが、なかなか解決しませんでした。

いっそ家計を任せてみようかと思いましたが、それは嫌だと夫に拒否されてしまいました。

最終的に今の形になったのは5年くらい前から。

まず1ヶ月これくらいあれば少し余裕があるというのはいくらかというのを聞いて、若干多めかなと思いましたが、それでOKをだしました。

そして月々ではなく3ヶ月分を現金ではなく、口座振り込みに笑。

出費の多い月、少ない月マチマチだと思うので、3ヶ月の中で自分で運用してもらう事にしたのです。
口座に入れると、人間おかしなもので残高が少なくなると焦るみたいですね笑。

それからもう一つ、お小遣いの前借りはいつでもいくらでも無条件で、理由は聞かずOKと決めました。

前借りしても次のお小遣いから引けばいいのですから。3ヶ月分の中からなら十分引けます。

あ、ボーナスだけは別物なので現金手渡しです。

この方法に変えてから、ケンカもないですし、ある程度の大金を持っているという事で、夫もイライラしないし少しずつお小遣いが残っているようで、よくお土産を買ってきてくれるようになりました。

数年前にマンションを購入してからも、この体系は変わりません。
本当はもっと切り詰めて貯蓄もたくさん出来るのかも知れませんが、私自身もユルユルなので、私が働いている間はこのままかなぁ〜。

でも危機感持たなきゃいけないんだろうなぁ。

やっぱわが家にはお金の話は無理だなぁ〜笑



にほんブログ村
スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。