少しだけ丁寧に 少しだけ贅沢に

お気に入りのものや大切なことをつづります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

無印スケジュール帳でToDo管理

TODO帳

今回で3冊目になるこちらの無印良品のウィークリースケジュール帳。
 
プライベート用ではなく、もっぱら仕事用です。
先のスケジュールはもちろんですが、その日やらなくてはいけない事、その日やった事も全部記入します。
 
私は仕事を4つにわけて考えています。
 
毎日ルーティンでやる日常業務、1か月の中で考える月業務、1年間の中で考える年間業務、そしてス定例以外で発生するスポット業務です。
 
もちろん日常業務は書かなくても忘れる事は、ほぼほぼありませんが、その日のうちにさばききれない仕事量になると、先の予定を見ながら、優先順位を考えます。
 
時間があると昨年のこのスケジュール帳を確認して、去年の今頃は何をしていたかとか、準備時間が足りなくて大変だった仕事とかを思い出して、今年は少し早めに準備を始めよう、などと効率的な仕事が出来るようになりました。
 
慣れた仕事でも年に1度しか発生しない業務などは、手順を思い出したり、依頼する部署の担当者を思い出す事が難しかったりしますが、前年度の手帳を見ればある程度わかります。
例え担当者が異動していたとしても、○○さんの後任の人って伝えれば大丈夫ですしね。
 
他にはその日の勤務時間も記入しています。
そうする事で、あとで見直した時に、何月が残業が多くて、何月が比較的暇だったかがわかります。
翌年は、昨年分を見ながら、暇な月に出来るだけ先取りして仕事をするようにしています。
 
忙しさに流されて丁寧な仕事ができない時ってかなりストレスが溜まります。
電話メモ1枚でもきちんとした字を書きたいと思ってしまうめんどくさい奴なんです(笑)
 
この手帳を使う前は、卓上のカレンダーに書き込みをしたり付箋を貼ったりしていたのですが、やっぱりどこか抜けてしまう時もあったり、古いカレンダーは廃棄してしまったりして、振り返りがなかなかできませんでした。
 
この無印のウィークリースケジュール帳は、日にちも自分で書き込みをするのでいつからでも始められるのと、この薄さがデスクの上に雑に置いていても邪魔になりません。
 
しっかりしたシステム手帳ではちょっと雑に書き込めませんが、これなら何でもガンガン書いて、終わったものはどんどん線を引いていけます。
基本的にボールペンで書き込んで、やり終わったら鉛筆で線を引きます。
後で見返した時に、線が邪魔で読めない場合に消せるようになのですが、自分の字なので今のところ消した事はありません(笑)
 
無印TODO
 
この主張しない感じがいいですよね。
お値段も確か100円に消費税くらい?の安さです。
過去分を引き出しに入れていても全然かさばらないから、これからもずっと過去のデータにお世話になると思います。
  
仕事でもプライベートでもTODOリストを作ると、いろんな事がはかどるし、今やらなくてはいけない事、必要な事がみえてくる気がします。
 
 
さてさてこれから年末に向けて、色々とやる事が目白押し。
そろそろ計画を立て始めないと、お正月をげっそりとした顔で迎える事になってしまいますね。
 
あ、実はプライベート用のスケジュール帳は1年を通して、しっかりと使いこなした事はほぼありません(笑)




にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。